世界遺産「高野山」について

  • TOP
  • 世界遺産「高野山」について

千二百年の歴史が息づく山上の聖地

高野山は、和歌山県北部、和歌山県伊都郡高野町にある周囲を1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平坦地にあり、平安時代の弘仁7年に嵯峨天皇から弘法大師空海が下賜され、修禅の道場として開かれた日本仏教の一大聖地です。
明治以前は高野山全体を総本山金剛峯寺といい、「一山境内地」とされていました。境内には根本大塔、金堂など19の建造物が建ち並びます。
現在でも大勢の信者の方や観光客、四国八十八カ所の霊場を巡ったお遍路さんたちをはじめ、世界から大勢の人々が参詣に来られます。

千二百年の歴史が息づく山上の聖地

西暦2004年(平成16年)7月には「紀伊山地の霊場と参詣道」として、ユネスコの世界文化遺産に登録され、またミシュラン旅ガイド日本版において、高野山は三つ星を獲得し、優れた観光地として最高の評価を受けております。
当店は、根本大塔から徒歩7分、高野山金堂からは徒歩3分のところにございます。
自然とひとつになった神秘的な場所で身も心もきれいになっていただき、当店で旅の疲れを癒しに”ほっ”と一息をついていただければ幸いです。

お問い合わせ・ご予約

TEL&FAX: 0736-56-3579

お問い合わせ・ご予約・大小宴会などお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ時間 17:00~23:00

お急ぎの方で店舗番号へ繋がらない場合は
ショートメール専用番号090-9541-7837へメールをお願い致します。